病気をしないための毎日の習慣作り

病気をしないための毎日の習慣作り

膵臓の働きと病気の要因

日本人に多いとされる病気に癌があります。
その中でも最も多いと言われる癌が肺癌です。
ついで胃癌、大腸癌、肝臓癌です。
第四位にあげられるものは膵臓がんです。
この膵臓と言われる臓器は非常に小さいものですが、体にとってとても重要な働きをしています。
膵臓の働きとして、栄養素である脂肪やタンパク質、糖質を分解してエネルギーに変えるホルモンを分泌してくれるのです。
この臓器は黄色をしており、ぶどうのような組織になっています。
ではなぜ膵臓がんになってしまうかというと、原因として食生活があげられます。
現在、日本の食生活も欧米化しており、高脂質に高たんぱくな食事が多くなっています。
そうしますとタンパク質や脂質を分解する膵臓にとても負担がかかってしまうと考えられています。
また、喫煙等も原因のひとつとされています。
ニコチンは膵臓に思っている異常に負担をかけます。
さらには、お酒も原因のひとつとして考えられています。
アルコールは糖分として体内に吸収されます。
しかし、一気飲み等の飲み方を行う事は膵臓に負担をかけます。
医療では実は膵臓がんの原因がこれだという確定的な原因をつかめていないようです。
しかし、上記の内容を改善するだけでも病気を未然に防ぐ事が可能になっていきます。
また、この癌に対しては遺伝的な要因もはっきりと解明されていないといいます。
病気の種類により、遺伝的要素が強い可能性も秘めていますが、やはり食生活や毎日の健康への配慮が病気を予防する最も有効な手段ではないかと思います。

Copyright (C)2017病気をしないための毎日の習慣作り.All rights reserved.