病気をしないための毎日の習慣作り

病気をしないための毎日の習慣作り

放射線の治療について

三大死因の第一位に近年あげられている病気が癌です。
普段の食生活や適度ば運動を行っていても患ってしまう可能性が高いといえます。
その要因は遺伝的なものもあると言えます。
しかし、医療の進歩により様々な治療方法が生まれていますので、早期の病気発見やより良い治療方法を選択する事で病気の改善は不可能な事ではなくなりました。
その治療方法の一つに重粒子線治療というものがあります。
これは放射線治療です。
放射線治療とは癌がある患部に放射線をあてる事で癌細胞を死滅してくれるという治療方法です。
放射線と一口に言いましても、様々な特徴があるようです。
一昔前の放射線治療というものは患部にピンポイントで放射線をあてる事が難しい箇所もあったようです。
放射線は人の目には見えないものですが、使い方次第では人に害を与えてしまう可能性もあります。
放射線は名の通り線として強い熱を加える事で患部の癌細胞を死滅させる効果があります。
しかし、放射線の特徴として患部にあたる前に周辺組織までも熱により傷つけてしまう可能性があるようです。
それは放射線が患部に届く前に速度が落ちてしまい、患部以外箇所で留まってしまう事で起こると考えられています。
しかし、重粒子線治療はこの放射線の速度を調節できる事により、患部に届くまで速度を遅くなる事なく、患部にピンポイントで熱が留まる事が可能になるというものです。
その事により、より治療効果が高くなるというものです。

Copyright (C)2017病気をしないための毎日の習慣作り.All rights reserved.