病気をしないための毎日の習慣作り

病気をしないための毎日の習慣作り

体を温める事で改善する方法とは

現在の医療は目覚しい進歩を遂げています。
世界での日本の医療の技術はトップレベルと言われています。
その中の治療方法に温熱療法と言われる治療方法があります。
その言葉通りに患部に熱を通す事により、悪い部分の改善回復を測るというものです。
具体的に癌を患ってしまった場合に、治療方法として温熱療法は有効です。
癌細胞は熱に弱いという特性をもっているようです。
特に死滅する目安の温度としては41.5度だそうですが、42度異常に熱を加えるとより効果が高いとされています。
そこで器具を用いて、直接患部に熱を加える事で癌細胞を死滅させる事が可能になっていきます。
さらには、局部に直接熱を加える方法のほかに、患部の周辺に熱を加える事により効果が期待できる間接的な方法もあります。
癌の治療方法に場合には、癌ができてしまった部分によります。
直接温熱療法を行う場合には電磁針を患部に刺し、電流を流す事により熱を加えます。
癌ができてしまった箇所にもよりますが、効果的に熱を加えるには難しい場所もあるようです。
例えば、食道等にできてしまった場合には他の臓器等が周囲に密集しており、外部からはなかなか熱を加える事が難しいとされています。
そのような箇所には筒状になった器具を使用する事で効果が得られます。
この温熱療法は単体で行うよりも放射線や抗がん剤等の治療方法と併用する事でより効果が高まると言われています。
昔から民間療法的にも体を温める事で免疫力が向上され、体の不調が改善されると言われています。

Copyright (C)2017病気をしないための毎日の習慣作り.All rights reserved.