病気をしないための毎日の習慣作り

病気をしないための毎日の習慣作り

がん治療における免疫力治療とは

人間の体は科学では全て解明できない程の素晴らしい仕組みが備わっています。
その仕組みの一つに免疫力というものがあります。
この免疫力の働きというものは、体の中にもともとある正常な働きをしてくれる細胞と外部からの侵入により、体に悪影響を及ぼすウィルスや細菌等を判別して、悪い侵入者を攻撃し、体を守ってくれるものです。
医療の分野において、この免疫力に注目した病気の治療方法がたくさんあります。
その中でがんペプチドワクチンを用いた癌治療があります。
免疫力と一口にいいましても主に体にとって悪影響を及ぼす物質を撃退してくれるのはリンパ球です。
さらにリンパ球の中にはキラーT細胞と言われる細胞があり、体にとって害になるものを攻撃してくれる役目を果たしてくれるのです。
がん治療を例に取り、どのような働きでこのキラーT細胞が働いてくれるかと言いますと、キラーT細胞は悪影響を与える細胞の蛋白を目印として攻撃するという特性があるようです。
がん細胞を攻撃する事を例に挙げますと、キラーT細胞はがん細胞の表面にあるとされる小さな蛋白を目安として攻撃します。
そのためにがん細胞のみを効果的に攻撃する事ができ、回復へと向かう事ができるのです。
このがん細胞の小さな蛋白は一般的に数百から数千のアミノ酸あると言われています。
キラーT細胞がその数百から数千の中で見つけられる蛋白は8から10個くらいだと言われています。
この蛋白はペプチドと呼ばれており、このペプチドをより多く見つける事でキラーT細胞の働きをより確実にできる可能性があります。
がんペプチドワクチンとはこのペプチドの認知によりキラーT細胞を使い効率的に治療できる方法となっています。

Copyright (C)2017病気をしないための毎日の習慣作り.All rights reserved.