病気をしないための毎日の習慣作り

病気をしないための毎日の習慣作り

医療の基礎知識から専門的な知識まで

高度な最先端技術と癌

世界的にも日本の保険制度はとても評価が高いものになっています。
アメリカでは日本のように保険の制度が完備されていないために民間の保険に入る人が大多数だと言われています。
もし病気なってしまい、長期の入院、治療、手術が必要になった場合にはこの保険制度はとても助かる存在です。
例えば、日本人の死因で最も多い癌を患ってしまった場合でも、手術費用が9万円以上かかる場合に、高額医療費として還付金で手元に戻ってきます。
医療が発達し、癌治療における治療方法も現在では様々あります。
医療保険制度内では認められていない治療方法もあり、これらの治療方法はとても有効で体に負担がかからないというものがとても多いのです。
治療方法にワクチンというものがありますが、保険制度が適用されます。
しかし、ウィルスという治療方法もあります。
これはその患部の癌に対して的確に働き、副作用もほぼなく的確に癌細胞を死滅されてくれるという大変優れた治療方法です。
しかし、癌治療としては高額になり、保険制度には適用しないために高額な費用が生じます。
なぜとても有効な治療方法なのに制度の適用がなされないかといいますと、治療の機材等の費用がやはり高額なため採算が合わないという見解があるからです。
そのために、治療において体に負担が少なく有効がものは最先端医療と位置づけられ、民間の生命保険特約等で賄う他、現在では方法がないようです。
医療の進歩と制度の差があるにせよ、今後も有効な癌治療の手段が増える事でより早い改善と回復が期待できます。

健康・医療でも話題の医療について、すぐわかるこのサイトが手軽で便利です☆

Copyright (C)2017病気をしないための毎日の習慣作り.All rights reserved.